ホーム > 帰国子女受験のQ & A > 帰国子女として高校受験を考えている方からのお悩み

帰国子女として高校受験を考えている方からのお悩み

[ご質問]
現在中3の娘の帰国時期についてご相談いたします。今スウェーデンのインターナショナルスクールに通っておりまして、8月の新学期より9年生になりますが、来年春には日本の高校を受験するつもりです。今期をインターナショナルスクールで終え、帰国をと思っておりますが、12月中旬には帰国したほうがよいのか、あるいは、来年1月の受験直前に帰国したらよいのか迷っております。

 

[JOBAからの回答]
お嬢様のように、半年遅れで9年生を卒業される場合は、9年生卒業後に9月編入試験を受験されるか日本の公立中学に転入されて資格を取り、来春の入学試験を受験されるという選択でお悩みになっていらっしゃる方が多いようです。日本人学校がある地域では、日本人学校に転入されて卒業資格を取る場合もあります。

 

日本の公立中学に転入される場合は、できましたら期間が短い方が何かと負担が軽く、受験勉強に集中できています。その場合には、12月の冬休みの前に帰国していらっしゃる方が多いようです。転入される公立の中学校によって、卒業資格の認定の対応が異なりますので、一度ご連絡をされた方が良いと思います。また、帰国後の受験が終了するまで、公立中学の出席を待っていただける可能性もありますので、直接学校にお子様の現状を相談してみることをお勧めいたします。なお、入学試験と編入試験での難易度の差は学校によって異なります。したがいまして、合格するという点のみで考えた場合に、入学試験の方が良いのか、編入試験の方が良いのかを判断するには、もう少しお嬢様の現状をお聞かせねがえればと思います。