海外子女・帰国子女のための
通信教育

帰国子女・海外子女の通信教育
ホーム > 通信教育

お子様の状況に合わせ、各教科の具体的な「学習アドバイス」によって、効果的な家庭学習が実現します。日本の勉強に割く時間がない方も、現地から直接受験をしようとお考えの方も、担任制という制度でしっかりサポートいたします。

JOBA動画学習指導とは、日本の教科学習のフォローをしたい生徒から、受験に対応した塾のカリキュラムで本格的な受験学習指導を受けたいという生徒までを対象とした、動画講義を使用して勉強する自学自習プログラムです。

「海外・帰国子女センター試験 志望校判定」は、帰国枠受験をする生徒を目的に作成された海外・帰国子女のための試験です。帰国枠入試に向けた合格の道標として、たくさんの方々にご利用いただいております。

「海外・帰国子女センター試験 達成度確認」は、海外・帰国子女の学習サポートを目的に作成された海外・帰国子女のための試験です。世界中の海外・帰国子女の中で、自分が今どの位置にいるのかといった客観的な学力を見極めることが可能ですので、たくさんの方々にご利用いただいております。

JOBA 中学受験英語とは、帰国枠中学受験で求められる英語力を身につけるための自学自習プログラムです。GrammarコースとReadingコースのご用意がございます。

JOBAの「英語エッセイ通信添削指導」は、エッセイの書き方を基礎から学べるコースから志望校にあわせた課題を練習することができるコース、英文法を確認することができるテストまで、お子様の状況にあわせ、一から指導を受けることのできるプログラムです。

JOBAの「日本語作文・小論文通信添削指導」は、作文の書き方を基礎から学べるコースから志望校にあわせた課題を練習することができるコース、そして正しい文章を書くためのコースまで、お子様の状況にあわせ、一から指導を受けることのできるプログラムです。

近年、TOEFLのスコアは、大学の帰国子女枠入試受験資格の確認、もしくは合否決定の基準として多くの大学で用いられています。従って、TOEFLのスコアを上げることは、大学入試に合格する上で重要なことである言えます。その中でも、エッセイ問題などから構成されるWriting Sectionには120点満点中30点が割り当てられていますので、エッセイを書く力を上げておくことは必要不可欠なことです。しかし、会話経験の積み重ねによって英語力を向上させた方は、エッセイを書く際に、文語表現を使えない、論理的な内容を持つものが書けないといった《壁》に当たることが多くあります。JOBAには、このような方々と接してきた長年の経験がありますが、TOEFL対策 ESSAY WRITING通信指導では、このような経験を踏まえて作成された、ネイティブ講師による指導プランをご用意しております。

JOBAのIB Japanese A通信指導であれば、IBディプロマコースとlanguage Aの趣旨・カリキュラムを十分理解しており、かつIBディプロマ取得者の言語能力・学力を長年見てきた教師が、毎週のEmailでのやり取りを中心に徹底した個別指導を行います。そのためlanguage Aの要求にきちんと応えられ高い成績を得やすいですし、詳細な添削指導により日本語論述力も飛躍的に向上します。さらに、個人別の作品選択や作品について、教師との自由なやり取りにより、文学に対するより深い理解が得られるのはもちろん、文学を通して人間・社会についての考察を深めることが可能です。

お問い合わせは
国内から 03-5754-2240
海外から +81-3-5754-2240
受付時間 平日10:00~17:00/日本時間
〒145-0064 東京都大田区上池台3-39-9
海外帰国子女教育専門機関 JOBA